GUIDE

家族を守るための防犯の話

資金計画と同様、もしくはそれ以上にしっかりと考えていただきたいことがあります。それは、防犯のことです。

警視庁の発表によると年間の住宅侵入強盗の件数は毎年4万件以上。
つまり1日平均100件以上ものお宅が侵入犯罪の犠牲になっているのです。侵入犯罪の恐いところは、物が盗られてしまうことではありません。
もちろん大切なものや高価なものが盗られてしまっては非常に辛いでしょうが、本当に恐いのは、家の中で鉢合わせてしまった場合です。
最悪のケースでは、命を落としてしまう可能性もあります。実際に侵入犯罪で鉢合わせてしまった際に、
命を落としたり、暴力を振るわれ身体や心に致命的な傷を残してしまった例が毎年後を絶ちません。

また被害者たちは身体が無事でいたとしても、またいつ来るのかわからないという恐怖で夜も眠れずに日々不安に苛まれてしまい、
結局は夢のマイホームを手放して別の場所へ引っ越すという家族もいます。

マイホームを購入する際には、必ず侵入犯罪が起こる可能性を考慮し、『狙われにくい家』にすることを考えましょう。

侵入犯罪の半分以上、特に一戸建ての場合、大半が窓からの侵入です。
ガラスを割ってカギを開けるという古典的ですが、最も時間がかからない手口です。
だからこそ犯罪者が侵入しやすい場所の大きな窓は極力避けたり、その周りには歩くと足音が鳴る砂利を敷くなど防犯対策をする必要があります。

技術の進歩に伴い、ガラスは簡単には割れにくいよう性能が向上し防犯グッズも充実してきました。
しかし同時に侵入犯罪者の技術も進歩しています。複数のプロによる計画犯が現在の主流です。
だからこそ、狙われてから対策するのではなく、狙われない家にすることが最も賢い防御策と言えるでしょう。

一番の防犯対策は、生活習慣を悟られないこと。一昔前の突発的な侵入犯罪と違い、現代の侵入犯罪は計画的犯行です。
公園や車の中からターゲットの家の調査をし、何人家族で、どのタイミングで家の中が無人になるのか、部屋の間取りなどを念入りに調べます。

犯罪者はとにかく安全に、短時間で目的を果たしたいと思います。家族構成を、洗濯物や自転車の数などで確認します。
そして生活スタイルを見て、家の中が空になる時間帯を見定めます。
また、一秒でも無駄な時間をかけないよう、間取りを事前に把握しておく必要があります。
リビングから入り、最短で夫婦の寝室へ。そのために外観を見て、窓の位置などから家の間取りを確認するのです。

侵入犯罪は、起こってしまっては取り返しがつきません。幸せな家庭が一気に不幸になってしまいます。
また、家が出来上がってから対策を考えても、できることは限られています。

住宅を建てる際に、防犯のことも考えた設計にしていただくことを意識してください。

解決策の例

01 洗濯物は外から見えない場所に

洗濯物は外から見えない場所に

家族構成を悟られないよう、洗濯物は外から見えない場所に干す。例えば、中庭に洗濯物を干すことで、日当たりは良いけど外からは一切見えずに安心です。

02 侵入しやすい窓を作らない

侵入しやすい窓を作らない

いくらプロの犯罪者といえども、頑丈な玄関を壊して侵入するのは容易ではありません。外から見て、侵入しやすい大きな窓が無ければ、そもそもターゲットとすることをあきらめるでしょう。

03 間取りが分かりにくい外観に

間取りが分かりにくい外観に

住宅に詳しい人であれば、外観を見ると窓の位置や大きさ、換気口などから間取りが想像つきます。外観に壁面を増やすことで、家が頑丈になるだけでなく、室内の間取りが想像できないというメリットがあります。外から見て、間取りが分からない家は、狙いづらいものです。

04 自転車、三輪車は家の中に収納

自転車、三輪車は家の中に収納

自転車や三輪車の数である程度の家族構成がわかります。また、外出しているか家の中にいるのかも筒抜けになってしまいます。家の中に大きな土間収納を設けることで、雨や砂埃から守るだけでなく、家族構成を悟られにくくすることができます。

解決策の例
解決策の例

CONTACT

SIMPLE NOTEや家づくりについてのご相談や、ご不明点がありましたら、
以下よりお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

tel.0763-23-4428

◎ 受付 / 9:00〜18:00 ◎ 休日 / 日曜日

お問い合わせ・資料請求

お問い合わせフォーム

24時間・365日受付中

セミナー参加のお申込みはこちら

【11/14開催】夫婦で学ぶ家づくりで失敗しない10コトの開催は終了しました。

開催日時:

セミナーの詳細はこちら >

参加お申し込みフォーム